使う場所のすぐ近くに収納する

キッチン雑貨を収納するときの鉄則は「使う場所のすぐ近くに収納すること」です。シンクで使う洗剤やスポンジはシンク下、調理台で使うキッチンツールや調味料は調理台下の引き出し、コンロで使うフライパンや油はコンロ下、というようにエリアごとに収納場所を決めましょう。鍋やフライパンをまとめて同じ場所に収納している方も多いかもしれませんが、水を入れてから使う鍋はシンク下、すぐ火にかけるフライパンはコンロ下というように、分けて収納した家事効率がアップしますよ。

使用頻度に分けて収納する

「毎日のように頻繁に使うキッチン雑貨」と「年に数回しか使わないキッチン雑貨」は分けて収納しましょう。毎日使うものを優先的に、出し入れしやすい場所に収納すると、毎日の調理や片付けの手間がラクになります。目線から腰の位置は最も使いやすい「ゴールデンゾーン」なので、ピーラーや菜箸、トングなどのよく使うキッチン雑貨を収納します。取り出しにくい棚の下段や上段には使用頻度の低いものを収納するのがおすすめです。

一緒に使うものはグループにして収納する

毎回セットで使うようなキッチン雑貨は、グループにして収納しましょう。例えば「コーヒーセット」「お茶セット」「朝食セット」「お弁当セット」などをつくってみるのはいかがでしょうか。ツールは引き出し、食材は棚というように別々に収納すると、使うときもしまうときも手間が多くかかります。ひとつの収納ケースにまとめて入れてしまえば、出し入れの手間が1回で済むのでラクちんです。先入観にとらわれず、普段のキッチンでの動作に合わせて収納を考えることが大切です。

おしゃれでかわいいキッチン雑貨は、お料理のモチベーションも上がります。水筒やお弁当箱から、カラフルなまな板や花柄のお鍋まで。キッチン周りを明るくすることができます。