壁面緑化は地域の気温上昇を抑制できる

壁面緑化のメリットとして地域のヒートアイランド現象を抑制できる点が挙げられます。建物の壁を植物で覆うことによって日光が直接当たらず、室温の上昇が緩和されます。冷房の使用頻度が下がるので、排熱によるヒートアイランド現象の抑制に繋がります。また、植物は日光の熱を吸収する作用もあるので、反射熱を防ぐ意味でも壁面緑化は最適な方法と言っても過言ではありません。

気候に適した品種を選ぶことが失敗しないための秘訣

建物の壁を覆うことで遮熱性を持たせるのが壁面緑化を行う目的なので、気温が上昇する夏までに大きく育つ品種を選ばなければいけません。一般的な二階建て住宅の場合、春に苗を植えたら夏までには二階の屋根まで背丈が伸びているのが理想ですが、早く大きくしようと過度に水や肥料を与えると枯れてしまうおそれがあります。また、日光を遮る効果がある葉や蔓も多すぎると栄養が分散してしまい、あまり背丈が伸びません。早く成長させるなら品種選びを慎重に行う他、育て方にも十分に気を配る必要があります。ある程度の大きさまでは園芸用のシートなどで周囲を囲い、日光が直接当たらないように心がけます。水や肥料も適量に留め、過不足を避けるのが健やかに育てる秘訣です。

日本の気候はほぼ全域が温帯で、湿度が高く降雨量も多いのが特徴です。そのため、壁面緑化を行うなら高温多湿な環境を好む品種を選ぶのが無難と言えます。その一方で温暖な環境では害虫や病気の被害に遭いやすいことから、適度に農薬や殺虫剤を使うことも場合によっては必要です。

壁面緑化によりつる植物を意図的に壁面に這わせる事で、外観を他にはないような個性的なものにすることができます。